境外労務 >> 最新情報 >> 技能実習移行関係申請様式について
 

技能実習移行関係申請様式について

  技能実習移行関係申請様式につきましては、制度改正の施行時期の今年7月以降に改定し、改定版(技能実習移行関係申請様式と記載例第9版)を発行する予定です。

 「技能実習移行関係申請様式と記載例第9版」が発行されるまでの間の技能実習2号への移行申請には、現行の「技能実習移行関係申請様式と記載例第8版」記載の様式を使用して頂く必要がありますが、例外として、技能実習2号の実施計画書と雇用条件書については、下記の取り扱いとなります。

 

1、技能実習2号実施計画書

  技能実習2号の実施計画書は、法務省から「別記第23号様式」がその標準的な様式として作成.公表されており、「技能実習2移行時の地方入国管理局への在留資格変更許可申請には当該様式で作成した「技能実習2号実施計画書」を提出することになります。(新版の「外国人研修生.技能実習生入国.在留諸申請用書式と記載例集」「第10版」JITCO書式10-29及び10-29-2参照)。

    JITCO地方駐在事務所への技能実習2号への移行申請では、「別記第23号様式」(JITCO書式10-29又は10-29-2)のほか本年1月にご案内しております「技能実習の職種.作業の範囲について(第1部)」(技能実習計画の作成に当たって)末尾にモデル例として参考掲載の書式(別記23号様式のうちJITCO書式10-29-2の「実施計画書」と「使用する素材、機械、設備等を記載した一覧表」が1枚になっている様式)を使用して作成.提出いただくこともできます。その場合、その写しを地方入管局への在留資格変更許可申請に提出することも可能です。

 

2、雇用条件書

  雇用条件書についても、新版の「外国人研修生.技能実習生入国. 在留諸申請用書式と記載例集」「第10版」に掲載の様式(JITCO書式10-39-39-4)で作成したものを、移行申請でJITCOの地方駐在事務所へ提出いただくこともできます。